【野菜の鮮度の見分け方】根菜類

スーパーマーケットまっぷ トップ > 最新記事一覧 > 【野菜の鮮度の見分け方】根菜類
更新日:2014年10月27日

【野菜の鮮度の見分け方】根菜類

大根や人参などの根菜は、持った時にずっしりとした重さがあり、皮にハリとツヤがあるものを選びましょう

大根

一年中、買うことのできる大根ですが、冬の大根は甘みが増して煮物に最適です。大根に含まれるジアスターゼやアミラーゼという酵素は、消化を助ける働きがあります。また、大根の葉にはカロテン、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれていますから、葉付きの状態で購入するのがおススメです。

●チェックポイント
・皮の表面が白く、ツヤがある
・皮の表面にデコボコがない
・ヒゲが少ない
・傷がない
・まっすぐに伸びている
・ずっしりと重みがある

人参

人参にはベータカロテンが豊富に含まれていますが、ベータカロテンをより効率よく摂るためには、皮をできるだけ薄く剥くか、皮を剥かないで調理するのがおススメです。

●チェックポイント
・鮮やかなオレンジ色をしている
・皮の表面にデコボコがない
・ヒゲが少ない
・傷がない
・葉を切り落とした後の切り口が小さい
・まっすぐ伸びている

ジャガイモ

ジャガイモは、カリウム、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などを豊富に含んでいます。特に、ビタミンCは、ジャガイモのデンプンに守られるため、加熱によって失われることが少なく、効率よく摂ることができるとされます。また、ジャガイモの芽にはソラニンという有毒物質が含まれるため、調理の際には残さずに取り除くことが大切です。

●チェックポイント
・皮の表面にハリがある
・芽が出ていない
・表面のデコボコが少ない
・傷がないもの
・ずっしりと重みがある

サトイモ

サトイモの主な成分はでんぷんとタンパク質で、この他にビタミンC、B1、B2が含まれています。また、サトイモのぬめりが皮膚に付くとかゆくなる人もいますが、このぬめりの成分はガラクタン、ムチンと言った食物繊維の一種です。

●チェックポイント
・表面にハリがある
・泥つきがよい
・締まっている
・ずっしりと重みがある
・イモの切り口が白く、肌目がきれい

ゴボウ

ゴボウの食物繊維は野菜の中でも群を抜いて豊富です。この食物繊維は皮にも含まれていますから、調理の際には剥かずにタワシで擦ったり、包丁の背でこそげ取るようにしましょう。

●チェックポイント
・太さが均一で太過ぎない
・コブがない
・適度な湿り気がある
・ひび割れがない

【タグ】