買った野菜・果物が傷んでいたら?

スーパーマーケットまっぷ トップ > 最新記事一覧 > 買った野菜・果物が傷んでいたら?
更新日:2014年10月27日

買った野菜・果物が傷んでいたら?

野菜や果物などの生鮮食料品は傷みやすいこともあり、購入後の商品に対する消費者のクレームは珍しくないようです。

野菜や果物などの生鮮食料品は傷みやすい

スーパーなどで野菜や果物を購入して、さて、食べよう…と袋から出してみたところ、腐っていたり、変色していたりすることは多くの人が経験するのではないでしょうか。買う際に鮮度や状態を確かめないのが悪かったとか、傷んでいたことに気が付かなかったから仕方がない…と思う人も少なくないでしょう。また、返品にお店まで行くには時間も手間もかかるから諦めるという人もいるかもしれません。

野菜や果物などの生鮮食料品は傷みやすいこともあり、購入後の商品に対する消費者のクレームは珍しくないようです。もし、購入後の商品に対する不満や疑問がある場合には、購入したお店に問い合わせてみるとよいでしょう。

購入した際のレシートがなくても対応してくれるお店も

スーパーなどで購入した商品が傷んでいる場合、レシートと現品があれば商品の交換、返金をしてくれるところが少なくありません。中には、商品が傷んでいることを電話で伝えると、購入者宅まで返金分を持ってきてくれるという誠意あふれるお店もあります。

また、野菜や果物などは、入っている袋を開けたり、そのものを切ったりしてみないと傷んでいるかどうか分からないことも多いため、購入した際のレシートがなくても対応してくれるお店もあるようです。

西友の生鮮食品満足保証プログラム

全国の西友では、生鮮食品満足保証プログラムが平成26年4月1日から始まっています。これは、畜産物(肉類等)、水産物(魚類・貝類等)、農産物(野菜・果物等)の生鮮食料品について、商品を購入した人がそれに満足できなかった場合には、該当食品のレシートを店頭に持っていくことで購入金額をその場で返金すると言うものです。商品への不満の理由については、見た目がよくなかった、おいしくなかったなどの主観的なものも含まれるのだそうです。

【タグ】