アイスクリームには消費期限はないの?

スーパーマーケットまっぷ トップ > 最新記事一覧 > アイスクリームには消費期限はないの?
更新日:2014年10月24日

アイスクリームには消費期限はないの?

アイスクリーム類は、マイナス20度以下での冷凍保管であれば、1年以上経っても風味などの品質に問題が生じることはありません。

アイスクリームの種類

ひと口にアイスクリームと言っても、いくつかの種類があります。アイスクリーム類に含まれる乳成分は乳脂肪分と無脂乳固形分から成りますが、これらの乳脂肪分と無脂乳固形分の含有量によって、そのアイスクリームの種類が定められています。

●アイスクリーム(乳脂肪分8パーセント以上、乳固形分15パーセント以上)
乳固形分と乳脂肪分が多く含まれており、他に砂糖、卵黄、香料などが使われています。アイスクリーム類および氷菓の表示に関する公正競争規約では、アイスクリームに乳脂肪以外の脂肪の使用は禁止されています。

●アイスミルク(乳脂肪分3パーセント以上、乳固形分10パーセント以上)
アイスクリームに比べて乳固形分と乳脂肪分は少なくなっていますが、牛乳と同程度の栄養が含まれます。植物性脂肪が配合されていることもあります。

●ラクトアイス(乳固形分3パーセント以上)
アイスクリームやアイスミルクに比べて乳固形分は少なく、植物性脂肪が多く使われています。

●氷菓
果汁などを凍らせたアイスキャンディーやシャーベットなどは氷菓と言い、アイスクリーム類とは区別されます。

アイスクリーム類には消費期限の表示がない

アイスクリームやアイスミルクのパッケージには、消費期限の表示はありません。アイスクリーム類のパッケージの表示については、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」と、「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約」によって定められています。これらの規定では、アイスクリーム類にあっては期限及びその保存方法を省略することができるとされ、公正競争規約にも期限表示の規定はありません。

保管状態によっては食感が損なわれることも

アイスクリーム類は、マイナス20度以下での冷凍保管であれば、1年以上経っても風味などの品質に問題が生じることはありません。こうしたことから、アイスクリームには賞味期限が表示されていないのです。

とは言え、アイスクリーム類は温度変化に弱く、冷凍室の開閉が頻繁な家庭の冷凍庫では、アイスクリーム中の氷結晶や乳糖が表面に出て食感が損なわれることがあります。

【タグ】