ヨーグルトの上澄みの液体は捨てる?

スーパーマーケットまっぷ トップ > 最新記事一覧 > ヨーグルトの上澄みの液体は捨てる?
更新日:2014年10月20日

ヨーグルトの上澄みの液体は捨てる?

市販のヨーグルトの上澄み液はヨーグルトの成分の一部で、乳清(英語ではホエー)と言うものです。

捨てないで!ヨーグルトの上澄み液

市販のプレーンヨーグルトを開封すると、ヨーグルトの上に液体が見られることがあります。この上澄み液はヨーグルトの成分の一部で、乳清(英語ではホエー)と言うものです。

ヨーグルトは主として牛乳のタンパク質が乳酸菌の生成した乳酸によって固まったものですが、この固まりの中には原料乳中の水分などが含まれています。そして、ヨーグルトの発酵が進むにつれてこの固まりが収縮し、乳清が水分となって分離してきます。また、ヨーグルトの容器を揺らしたり、振動を与えるなどしても固まりが崩れて乳清がしみ出ることもあります。

乳清には水溶性のタンパク質、ミネラル、ビタミン類が豊富に含まれています。不用意に捨てたりせずに、ヨーグルトの固まった部分と混ぜて食べるようにしましょう。

乳清が肉を柔らかくする?

乳清は、ヨーグルトと混ぜて食べるのが最も簡単ですが、他にも様々な利用法があります。乳清には乳酸が含まれていて酸味があるために、乳清そのものを単独で飲むことは難しいでしょう。乳清と牛乳を混ぜて、そこに砂糖やハチミツなどで甘みを加えると、栄養価の高い飲み物になります。

また、乳清に肉を漬けこむと、乳清の中の乳酸の効果で肉の繊維がほぐれて柔らかくなります。漬けこむ時間は30分~1時間程です。

乳清でスキンケア

乳清に含まれる乳清タンパク質には抗炎症作用があり、肌荒れやニキビに効果があると言われています。そこで、ヨーグルトの上澄み液である乳清とグリセリン、精製水などを混ぜて自家製の化粧水を作ってスキンケアに使っている人もいるようです。また、乳清の皮膚の保湿効果、柔軟作用、抗酸化作用、皮膚細胞の新陳代謝の促進、美白作用などを活かして化粧品を作っているメーカーもあります。

【タグ】